占星術・スピリチュアル

【太陽】占星術の基礎惑星について知る~社会に打ち出す個性・自分らしさ・人生の目標

更新日:




太陽 人生の看板 本質的な自己 自我 意志 個性 独創性 今世で目指すべき目標

太陽は自我を表します。

それは「私、自分であるという感覚」です。「これが自分だ」という意識的な自分です。

雑誌の星占いでよく使われる「星座占い」は、この太陽の位置を示していて、どの星座に太陽があるかによって、その人の基本的性格がよく分かります。太陽は自分らしくありたい、自分を強く主張したいという心の欲求を表しているので、ホロスコープの中でも非常にその特性がよく表れています。

いわゆる「人生の看板」「自我のあり方」です。太陽を見れば、その人がどういう人生の傾向を帯びて生きてきたのか、あるいはこれからどう生きていくのかがよく理解できるようになります。

心理学で言えば、「私には人生でよく起こるこんなパターンがある」というものです。例えば、仕事中心で生きている人とか、家庭生活を大事にして生きている人とか、恋愛至上主義の人とか、スピリチュアルなことを追求し続けている人などの分類がはっきりと読み取れます。そういったことは、太陽がどの星座に入っていて、その星座の何度(0度~30度まで)に位置しているかによって、明確に分かります。

また、各星座の一度一度によって、象徴的な意味が明確に決まっているので、太陽がどの星座で何度に位置しているかを見れば、その人の人生の基本的テーマが浮き上がってくるのです。

ただし、太陽は男性的なエネルギーを持っており、女性の場合は28歳~29歳頃に訪れるサターン・リターン(運行している土星が出生図の土星の位置に帰ってくること)を経験してからでないと、太陽の特徴が表れてこないケースも多いです。

現在まだその年齢に達していなくて、自分の人生の方向性を決められない方でも、ホロスコープを見れば、人生を生きる上での「本来の私」「本当の自分って何なのか?」という問いかけを29歳以降にはっきりと自覚できるようになります。

失恋や別離、結婚・離婚、転職、転居などさまざまな人生での転機を通じてサターン・リターンを経験し、自分の「この人生での本当の使命」、「太陽が意味する私」を生きるようになってくるのです。

太陽の影響が最も強く現れてくるのは、25歳から34歳までの年齢域です。男性はこの年齢域に、社会人としての自分の姿勢、仕事をこなしていく上で必要なことの自覚をする場合が多いようです。この時期には自分がやってみたいと思うことはどんどん行いましょう。

秘められた自分の可能性を追求していくのです。

なぜなら太陽は自己表現を意味し、受動的な生き方をしていては太陽の輝きを発揮できなくなってしまうからです。

それではどんなことにチャレンジすればよいのか?これを占星術はしっかり方向性を見定めて教えてくれることになります。太陽は女性にとっての結婚生活における夫像、男性運、父親との関係も表します。

インドの数秘術では1に関連しています。

金融占星術 マーケット(マクロ経済・金融)から見た太陽の意味

太陽系において、地球の公転周期は365.24日です。地球の公転周期を1年として暦は計算されているので、太陽の周りを地球は1年でちょうど1周回る(1年で360度回転する)ことになります。

そのため、一つの星座に滞在する期間は、公転周期365.24日÷12星座=30.43666666666667、約30日~31日(1ヶ月)となります。

太陽はマーケット(マクロ経済・金融市場)において、

投機・仕手筋・エネルギー・金(ゴールド)・政府・権力者・大義名分によって大衆の予想に沿う

を意味します。

金融市場のサイクルにおいて、太陽の1年の公転周期とよく似たものは、

日経平均株価(11.1ヶ月~13.9ヶ月)・工業株の株価

となります。

太陽がある星座から次の星座(例・牡羊座から牡牛座)に移行する時、すなわち1ヶ月で相場が変化するサイクルを示すのは、

株価(28日)・為替のユーロ・ドル(31日)・ガソリン相場(34日)

となります。

太陽にとって、有利な星座は獅子座(本来の座)と牡羊座(高揚の座)であり、不利な星座は水瓶座(障害の座)と天秤座(減衰の座)なので、こうした星座に太陽がある時は、相場の環境認識を行う上で気を付ける必要があります。

太陽活動が活発化することで、金融市場のボラティリティ(価格変動の度合い)が高まる傾向があります。

古代から伝わる太陽の伝統的な概要 生命エネルギーの源泉としてのプラーナ

太陽はすべての惑星の中で「王、首長または代表」であると考えられています。その理由は、すぐに分かるほど簡単です。地球からそれほど、遠くないこともあるでしょう。

太陽はすべての惑星の中で最も明るいです。それはその光を通して私たちに命を与え、その不在を通して夜に休息を与えます。

それは雨を引き起こし、それなしでは人間、動物、植物の生命はもはやありません。太陽は、光を月に反射します。「エピセントレ=中心地」という用語を使用する場合、太陽は私たちにとって目に見える宇宙のの発生地、震源地です。

地球を含むすべての惑星はその周りを公転しています。人間に関する限り、それは知識、知恵、経験といった認識論でもあります。

月食中、人々は、動物の営みにおいて気持ちが乱れたり、混乱したり、落ち着きがないことに気づきません。

しかし、日食の間、まるで地球の終わりが到来して、生命の終わりの危機に瀕しているかのように、動物の全体がひどく落ち着かなくなり、安眠できずにじっとしていられなくなります。

人々は、生命は極度の熱の下でも存在することができ、実際に存在していることに気づいたに違いありません、

しかし、極端な寒さ(日光が届かない)の中で生き残ることは困難です。

例として、赤道付近の地域(極端な暑さ)と南極と北極付近の地域(極端な寒さ)の人口を比較します。

太陽から与えられる光と熱がこの大きな違いの主な原因です、

私たちの生きている全体がSOLAR SYSTEM(太陽系)と呼ばれているのは理由がないわけではありません。

地球に非常に近い、水星系や金星系の代わり、またはおそらく月のシステムにさえ。太陽系の役割を果たすことはできないでしょう。

人間(および動物)の生命の兆候をチェックする時には体温(体温)をチェックしますが、それは太陽から温められています。

太陽と同じくらい日の出と日没が規則的な惑星は他にありません。これこそが、私達人間の時間システム全体が太陽に基づいている理由です。

地球上のすべての国で、1日はある日の出から別の日の出までの時間に関連付けられています。

月を数える方法は、文明が異なっていたり、土地が異なっていたりすると異なっていたかもしれませんが、年のカウントは特定の一つにリンクされています

黄道帯における太陽の位置と、その特定の場所に再び戻る黄道帯の位置があります。

インドシステムの太陽年と教皇グレゴリー3世が定めた制度による年のカウントは1つであり、同じです。

唯一の違いは、数千年前にインドがこの太陽システムを採用したことです。

西洋諸国は、キリストの死後、この太陽システムを16世紀にそれを採用しました。

年を数える月の暦にも従わなければなりません。そして、同時に追加で月に3回、4回毎に月のシステムと太陽系のシステムが一緒に来るのです。

簡単に言えば、月のシステムは、最終的には、時間を数え、年を数える太陽系に従うことになります。

また、太陽は自らが発光する恒星であり、地球を含む他のすべての惑星は、太陽だけから光と熱を受け取ります。太陽は、光を放出し、その熱エネルギーは蓄積されます。

人間は火の使い方を覚え、それに続いて太陽の熱だけから電気と電力への派生物を発見しました。

形や形が何であれ、それ自体が発火し、太陽の光線と太陽の熱からその起源を取得し、今でもそれを取得しているのです。

地球上のほとんどの土地の古代人が、最初から「人間の生命の象徴」として太陽を崇拝したのは理由がないわけではありません。

インドでは、「スーリヤナマスカラ(太陽礼拝)」(太陽神にお辞儀をすること)は、「スーリア アルグヤ(太陽神に水をかけて礼拝すること)」と呼ばれる祈りの儀式の後に、太陽に水を提供するといった伝統があります。

多くの親と長老は、太陽が昇る前に寝床から起き上がるように若者に指導します。

それはすなわち、「太陽が昇り、日が始まった時、太陽はすでに仕事をしている。太陽は若者たちに目覚めて毎日の決まった仕事や日常の業務を行なうように求めているのだ。」という内容を表しています。

インドで最も初期の古代人は、完全に純粋な太陽を「プラーナ」(魂に滋養としての活力を与える生命エネルギーの源)と呼んでいます。

太陽によって引き起こされる熱は、すべての人間と動物に活力と活動を与えます。それが、私たちの最も活動的な時間帯が昼間である理由です。

夜間に人工照明(電気)の下で作業する場合、それは太陽から発せられた熱の結果です。私たちはキャンドルやランプをマッチで照らします。マッチも太陽の熱から生まれました。

占星術に関する限り、太陽は邪悪でも残酷でもありません。

愛する親が誤った子供に罰を与える時や、あるいは同様に不利な立場にある時でさえも、太陽は極端なダメージや危害を引き起こしません。

火星や土星のような他の凶星と連動している場合(ラーフ、ケトゥ含む)のみ、太陽の輝きを失わせる組み合わせとなります。

なぜなら、皇帝、王、大統領、首長、首相、独裁者でさえ、罪人や犯罪者を罰するために、玉座の椅子や権力の座から立ち上がることはしません。

彼または彼女は部下、従属者に命令を出して、罰を与えるのです。

同様に、太陽が単独の状態の場合、非常に厳しく、非常に有害で、非常に邪悪で残酷な影響はめったに与えません。

太陽が特別に有害であるためには、少なくとも別の凶星のドリシティ(直接的なアスペクト)が必要です。

太陽は、君主または王の資質を持っているので、個人のホロスコープチャートで太陽が好ましい配置にあると、その人は有能で腕の立つ管理者の資質を与えられます。

たとえば、国の行政サービスで従業員の募集を行なう際に、採用者のホロスコープチャートで太陽の配置を確認してみましょう。

その人の長所が評価されて自力で行政サービスに入った人は、間違いなくホロスコープで太陽の位置が有利になっているはずです。

太陽の対応石について

太陽・ルビー(代替石 ガーネット・サンストーンなど)



-占星術・スピリチュアル

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2022 All Rights Reserved.