占星術・スピリチュアル

生まれ日別 あなたにあった指輪の選び方

更新日:




「誕生石」は1月から12月までその月ごとに対応した石があります。

婚約指輪やアニバーサリーリングではこの誕生石を選ぶ方も少なくありません。

誕生石は12か月に対応していますが、実はもっと細かく誕生日にも対応する石があるということはあまり知られていません。

12か月に応じた誕生石もパワーをくれる石ですが、自分に合った石を身に着けるとそのパワーは更に強いものになりあなたを守るチカラを与えてくれます。

個人鑑定をすると、その人・その人に合った石というのが見えなというてきて、今の運気にはこの石のチカラがあるといいことがわかります。

これは誕生石のような普遍的なものではなく、今の時期・今抱えている問題に対する処方というイメージです。その人の生まれ持った星の配置と今現在の天体の星の動きから浮かび上がるものなのです。

そのようにひとりひとり、その時期によって変わる「自分にあった石」というものがありますが、それとは別に大勢の人にあてはまる「○月生まれの人はこの石!」というものも存在します。

誕生石もそのひとつです。

占いというのは統計学に基づいていますので、法則というものが存在します。

1~12の月に応じた石・誕生日に応じた石など色々ありますが、今回は生まれ日に応じた石を紹介します。

指輪でご紹介をしますが、あなたに合った石であれば、指輪である必要はありません。ネックレスなどで身に着けてもよいでしょう。

あなたの生まれ日に応じた石をチェックしてみてくださいね(^-^)

12か月に対応 誕生石

まずは基本の12か月に対応した誕生石もご紹介します。

気になるあの人の誕生石もチェックしてみましょう。

1月 ガーネット
2月 アメジスト
3月 アクアマリン・珊瑚(コーラル)
4月 ダイヤモンド・水晶
5月 エメラルド・翡翠
6月 パール・ムーンストーン
7月 ルビー・カーネリアン
8月 ペリドット・サードオニキス
9月 サファイヤ・アイオライト
10月 オパール・トルマリン・ローズクォーツ
11月 とパース・シトリン
12月 ターコイズ・タンザナイト・ラピスラズリ

婚約指輪にしたり、結婚指輪の内側に相手の誕生石を入れたりと、普遍的な用途のアクセサリーで最も使われる石は誕生石ですね。

生まれ日ごとの対応石

本サイトでは、インド占星術に基づき対応石を記載しています。

インド占星術の基礎となるヒンドゥー教の文化では、1日の始まりを日の出2時間前とします。その時が一日の始まりとなります。深夜生まれの方はこのことに注意して、何日生まれかを調べてみてください。

1日・10日・19日・28日

ルビー・ガーネット

生まれ日が1日、10日、19日、28日の人は、自信、情熱、実行力、実現力、生命力を高め、自発的に人生を切り開く強い意志を身に付けるには、太陽の惑星を象意するルビー、ガーネットを身に付けます。

ルビーを購入し、それを指輪にセットして左手に身に付けます。日曜か月曜に購入し、宝石商から受け取るのも日曜か月曜にします。

2日・11日・20日・29日

パール・ムーンストーン・メノウ・翡翠

生まれ日が2日、11日、20日、29日の人は、心の穏やかさ、感情の安定性を維持し、優しさ、受容性を高め、女性らしくあるために、月が支配星であるパール、ムーンストーン、緑か白のメノウ、ヒスイを身に付けます。

パールを購入し、直接肌に触れるようにすることが大切です。購入日も、これを受け取りに行く日も月曜にします。指の左右は問いません。ペンダントもOKです。

3日・12日・21日・30日

イエローサファイヤ・イエロートパーズ

生まれ日が3日、12日、21日、30日の人は、イエローサファイアやイエロートパーズがとても良いです。

これらの宝石は木曜日に購入して、木曜日に宝石職人から受け取ります。右手の人差し指が木星の指なので、そこに指輪をはめるのが最善です。木星は社会的な成功と繁栄をもたらし女性にとっての結婚運をつかさどります。

4日・13日・22日・31日

エゾナイト(ざくろ石)

生まれ日が4日、13日、22日、31日の人は、エソナイト(ざくろ石)がとても好ましい宝石です。自分の気持ちをリラックスさせ、ラーフ(占星術上の凶星)の影響を静めるために非常に効果的です。あらゆる困難と障害を克服し、成功を勝ち取ることが出来ます。

指の左右は問いません。曜日も関係ありません。

5日・14日・23日

エメラルド

生まれ日が5日、14日、23日の人は、エメラルドを直に肌に触れるタイプの指輪にして、それを小指にはめます。指の左右は問いません。

エメラルドは水曜日に購入し、出来上がった指輪は水曜日に受け取ります。水星が支配性であるエメラルドを身に付けることで、知性と識別力が身につき、コミュニケーション運が向上し、ビジネスの取引が上手になります。

6日・15日・24日

ダイヤモンド・白サファイア

生まれ日が6日、15日、24日の人は、金星が支配性であるダイヤモンド、白いサファイアが最高に良い宝石です。宝石は金曜日の日の出から午前11時までの間に購入しなければなりません。

購入したダイアモンドは、ダイアモンドが肌に直に触れる指輪にし、金曜日に受け取るようにします。付ける指や指の左右は問いません。でき上がった指輪は日の出から午前11時までの間に指にはめます。人生を楽しむ力を享受し、芸術的感性を引き出し、美や豊かさ、調和を作り出す力が高まります。

7日・16日・25日

キャッツアイ

生まれ日が、7日、16日、25日の人は、絹糸状の光沢が猫の目のように変わっていくキャッツアイが幸運を呼び込みます。絹糸状の光沢が明るければ、それだけ品質は高くなり、宝石の力も強くなります。白と緑の混合が最良の色合いで、次に黄色のキャッツアイが勧められます。

水曜日に購入し、出来上がった指輪は水曜日に取りに行きます。左手の小指にはめます。ケートゥという占星術上の凶星の影響を取り除き、直感力や発明的なインスピレーションをもたらします。

8日・17日・26日

ブルーサファイヤ・アメジスト・黒真珠・ラピスラズリ

生まれ日が、8日、17日、26日の人は、ブルーサファイアやその代用品であるアメジスト、黒真珠、ラピスラズリが良い宝石です。

土曜日に購入します。その指輪を宝石商から受け取り、身に付けるのも土曜日にします。土星の否定的な影響を取り除き、試練や困難に打ち勝つ力と忍耐力を与えられ、心の安定性と信頼関係の構築という形でビジネス運の向上をもたらします。

9日・18日・27日

レッドコーラル・赤メノウ・カーネリアン

生まれ日が、9日、18日、27日の人は、レッドコーラルか赤メノウ、カーネリアンが最も望ましい宝石です。

火曜日の午前11時前に購入し、火曜日に宝石商から受け取るようにし、午前11時前に身につけます。火星の象意であるエネルギッシュさ、若々しさをもたらし、セクシャリティーや競争に打ち勝つ力を高めてくれます。また、怪我や事故から身を防いでくれます。

あなたにあった石でシアワセを!

指輪をメインで書きましたが、その石であればネックレスでもブレスレットでもパワーを与えてくれるでしょう。

ただし、指輪にする場合はつける指にも注意してくださいね。

あなたにあった石を本格的に知りたい方は質問鑑定などもおすすめです。あなたの悩み・問題にしっかり向き合いあなたのための処方をお伝えします。

宝石のチカラを借りてよりよい人生を(^-^)ノ



-占星術・スピリチュアル

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2022 All Rights Reserved.