年末の大掃除

コラム 日常生活・暮らし

年末年始に行うべき運気アップの秘訣は「ケガレ」(穢れ・気枯れ)を「ハレ」(活性化・神聖さ)に変えること!

投稿日:

年末は一年間の汚れ・穢れを落とすために、大掃除の時期として認識されています。

これは、単に物理的な掃除の意味合いだけでなく、古い過去の一年に別れを告げ、手放した上で、新たな一年を気分良く迎えるという思いも込められています。

「ケガレ」を祓い、新鮮で綺麗な「ハレ」のエネルギーを新年に迎え入れる

昔の人は、「邪気・悪気を祓う」という言葉を使って、「ケガレ」(穢れ・ケ(気)が枯れている)の不定な状態を回復させるために、正月・節句・お盆といったハレの日を非日常的で大事に過ごすべき時間として扱っていました。

今現在でも、こうした風習・習慣が根強く残っているため、年末年始を大事に扱っているのです。

「ハレとケ」は、柳田國男によって見出された時間論を伴う日本人の伝統的な世界観でもあります。

「ハレ」は儀礼やお祭り、年中行事などの「非日常」を意味します。

「ケ」は普通のの生活である「日常」を意味します。

「ハレ」の時間と空間では、衣食住や振る舞い、言葉遣いなどを、日常的な「ケ」とは明確と区別します。

「ハレ」とは、「折り目・節目」を指す概念であり、その語源は「晴れ」となります。

今現在においても、

「一生に一度の晴れ舞台」(人生の中でも最も重要な一度きりと言える程の場面)

「晴れ着」「晴れ姿」(折り目・節目の儀式・儀礼で身に付ける衣服)

という風に用いられています。

「ハレ」は非日常的で神聖な時間と空間であり、人生の節目、転換期を表す

昔の時代には、ハレの日に「餅、赤飯、白米、尾頭つきの魚、酒、寿司、酒」などが飲食されました。

これらの食材は日常的に飲食されるものではありませんでした。

つまり、何か特別な時間と空間を過ごす時に、「ハレ」を象徴するものを生活の中に取り入れていったのです。

基本的に、「ハレ」は以下のような非日常的で神聖な時間と空間を指し示しています。

初宮参り 七五三 冠婚葬祭 神社の祭礼 寺院の法会

「ケガレ」を「ハレ」によって回復することで、不浄と気枯れを取り払う

また「ケ」は、普通の日常生活・世俗性(朝起きて食事を取り、昼間は働いて夜に休眠する暮らし)を指し示しています。

こうした両者の違いを明確にし、このハレとケとの循環リズムによって日本の生活文化を理解できると主張したのが柳田國男氏です。

日常生活を営んでいく中で、エネルギーが消耗し、枯渇する状態を「ケガレ(枯れ)」と呼び、それは祭事・儀式・非日常的な時間や空間といった「ハレ(晴れ)」によって回復すると、民俗学者の桜井徳太郎氏は考えました。

分かりやすく言えば、「ハレ」は「聖・浄」であり、「ケガレ」は「不浄・気枯れ」だということになります。

非日常である「ハレ」の日は、マンネリになりがちな普段の「ケ」の生活に変化と切り換えをもたらします。

「ハレ」の日には、衣食住に大きな変化が表れ、「晴れ着」を着たり、家屋や部屋にはいつもと異なる装飾を施します。

「ハレ」の日に酒を酌み交わすことは、味を楽しむ以上に、酔うことを通じて、非日常的な高揚した心理を体験し、コミュニティの連帯感を強めることが目的となります。

「ケガレ」(穢れ・気枯れ)」が不浄を意味する事例としては、「古事記」の中で、黄泉の国を訪問した伊邪那岐命が死の「穢れ」(ケガレ)に触れてしまう、といった逸話にまで遡ることが可能です。

普通の日常生活である「ケ」を営んでいると誰でも、心身が疲れきって消耗し、気が枯れていきます。

そうした「ケガレ」を回復する転換の時期が「ハレ」の日であり、初詣・祭事・儀式を通じてその非日常性と神聖さを強調しているのです。

一般的に、「ケガレ」は不運や悪運、あるいは病気や死とも関連付けられます。

それに対して、「ハレ」は幸運やラッキーなこと、あるいは気分を活性化させる特別な出来事と関連付けられます。

年末の大掃除や年始の初詣は「ケガレ」を「ハレ」に転換するために重要

年末に大掃除を行い、年始に実家に帰ったり、初詣に行くというのは、まさに「ケガレ」を「ハレ」に転換する作業だと言えるのです。

だからこそ、忙しくても、この大切な時期を貴重な時間と捉え、大掃除やお正月の行事には熱心に取り組みましょう。

そうすることで、きっと2019年はあなたにとって、素敵な良い年となるはずです。

しかし、思い通りに家の掃除がはかどらない、次から次へとゴミが出てくる、という事態に困惑している方も多くいらっしゃることでしょう。

そこで掃除に苦手意識を持つのではなく、最新のお掃除便利グッズを利用することをお勧めします。

技術開発は掃除の仕方まで変えてしまう 画期的なすごい製品が続々と登場!

まずは、テレビや雑誌でお馴染みの洗剤エキスパート、茂木和哉氏が秋田の温泉施設の超ガンコな水垢を落とすために開発した人気の高い洗剤からご紹介します。

created by Rinker
きれい研究所
¥1,651 (2019/01/16 20:44:18時点 Amazon調べ-詳細)

次に、髪の毛の100分の1以下という超極細繊維のマイクロファイバーで洗面台やシンクの汚れをかき取り、スポンジの入りづらい水栓周りや溝も指先感覚で掃除できるクロスをご紹介します。

水垢の予防となるだけでなく、くり返し使える速乾性も魅力です。

軽い汚れなら、洗剤を使わず水拭きだけで落とせます。

そして、手を汚さない吸水スポンジモップです。腰や膝などの関節を痛めずに掃除ができます。

created by Rinker
テラモト(TERAMOTO)
¥1,118 (2019/01/16 20:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

電動お掃除ブラシ バスポリッシャーは、アマゾンベストセラー1位の商品で、電動式でパワフルな清掃力で頑固な汚れを落とすことができる凄い商品です。

床、台所、浴槽、壁、天井、狭いコーナーなど全面的な清掃ができます。

取り外しは3段設計で、手の届かない所だけでなく、足元の所も楽に掃除できます。

コーナー、タイル、床など色々なニーズを満たし、どこでもピカピカに戻れます。

ユニットバスボンくんは、お風呂掃除に最適な商品で、アミ目状の繊維を使って、力を入れなくても水だけで石鹸カスやヌメリをかき取ることができます。

カラン周りや風呂蓋の溝などあらゆるところに穂先が届きます。

円形のヘッド形状なので、洗いにくい浴槽コーナーにもフィットします。

約50cm-73cmの間で柄が伸縮するので、天井の角も綺麗に掃除できます。

created by Rinker
山崎産業 (Yamazaki Sangyo)
¥887 (2019/01/16 20:44:21時点 Amazon調べ-詳細)

バスポリッシャーは、3種類のブラシを使い分けるだけで、洗いにくい場所も綺麗に掃除できます。

ブラシを水で濡らし、中性洗剤をかけてスイッチオンにするだけです。

後は、なぞるように軽く当てるだけで 洗剤が泡立ち、浴槽、浴室、お手洗い、洗面台、天井の壁がピカピカになります。

電源がないところでも使えるコードレス充電式です。

毎分300回転する強力ブラシで、掃除の時間の短縮と効率化ができます。

浴槽や洗面台、浴室の壁、天井、トイレ汚れの掃除に非常に役立ちます。

石鹸くず、カビ、汚れを取り除くための多い用途の交換可能なブラシです。

ユニットバスボンくんは、網目繊維とブラシの相乗効果で落としにくい湯床の細い溝やタイルの目地の汚れまでしっかり落とせます。

ブラシの三角ヘッドが風呂床のコーナーをスッキリと綺麗にしてくれます。

風呂壁天井ブラシのハンドルが取り付けられており大変便利です。

細かい溝のカビ、黒ズミもかき取るお風呂掃除の強い味方となってくれます。

created by Rinker
山崎産業 (Yamazaki Sangyo)
¥380 (2019/01/16 20:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

すごい鏡磨きストロングは、独自の超微細なダイアモンド粒子が、高繊細表面となって、鏡をピカピカに磨き上げてくれます。

created by Rinker
3M(スリーエム)
¥1,058 (2019/01/16 20:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

狭い場所 掃除ブラシ びっくりフレッシュは、トイレ、お風呂場、キッチン、洗面台などの手が届きにくい、気になる隙間の掃除に最適です。

先端が細くてしなるので、隙間に入れやすい形状です。

クリーナー部分は、水だけでも汚れを落とす繊維を使用しています。

取替え用のクリーナーは別売りで販売しています。

掃除とお金回りには大きな関連性がある 特に水回りの掃除は丁寧に行うこと

掃除とお金回りは、非常に強い相関性があります。特に水回りの掃除にはこのことが実に当てはまります。

生活が荒れていたり、心が乱れていると、部屋の中も散らかっている場合が多いはずです。

部屋の掃除をきちんと行って、要らないものを捨てて整理することは、お金回りを良くすることにもつながります。

 掃除や整理がきちんとできていれば、間違いなく家計も上手に管理できています。

すると、お金の使い方が上手になり、たくさんのお金を貯めることができるでしょう。

-コラム, 日常生活・暮らし

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2019 All Rights Reserved.