株式投資・投資信託

今後、注目すべき銘柄(株式投資)

投稿日:

システムズ・デザイン(東証JQS上場:銘柄コード3766)情報通信業

トヨタと自動運転車の宅配ビジネスなど移動サービス事業で提携を発表しているソフトバンク関連銘柄。AI(人口知能)分野でも高い潜在性を有する銘柄である。

2018年5月~7月にかけて、250%の上昇したことで、一躍脚光を浴びる。

再び、上昇ピッチに入る可能性。

通期業績の見通し

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
1Q~4Q
連    2015.03 6,557 212 219 114 32.0 13 15/05/08
連    2016.03 7,109 204 210 102 28.6 13 16/05/13
連    2017.03 7,783 139 153 43 12.5 18 17/05/12
連    2018.03 8,295 216 239 134 38.6 13 18/05/11
連 予  2019.03 9,405 318 318 187 53.5 13 18/05/11
前期比 +13.4 +47.2 +33.1 +39.6 +38.6 (%)

システムズ・デザインの有望性(2018年)

  1. 企業における知識の共有と活用を支援する知識検索型のAIサービス「Kleio(クレイオ)ナレッジサーチ」の提供開始を発表。
  2. このサービスの提供に対して、ソフトバンクが販売パートナーとなる契約を締結。
  3. トヨタ自動車と自動運転車の宅配ビジネスなど移動サービス事業で提携を発表。

企業情報

システム開発とデータ入力、会計ソフトのプレス発送が柱。会計ソフトのPCA創業者一族が筆頭株主

四季報

【復 調】ICカード発行会社買収し1億円増収寄与。SIは近鉄物流子会社の大型開発が本格化。自動車・ITの大口顧客の受注もやや回復。データ入力は保険BPO堅調に加え、他業種の新規開拓進む。会計ソフトのプレス発送低迷を補い利益復調。
【新事業】IBM『ワトソン』使ったAI活用の顧客応答サービスをソフトバンクと提供。買収会社ICカード技術でSI展開も。

2019年3月期最終利益が、前期比38%増となる見込み。

PER PBR 利回り 信用倍率
20.1倍 0.98倍 1.21% 2,724倍

四季報では、来期PERは18.2倍予想。時価総額47億円と低い。

-株式投資・投資信託

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2018 All Rights Reserved.