FX(外国為替証拠金取引)

【FX】本業+αで資産形成 ポンド円週間振り返り(2021.11.8~11.12)

投稿日:




今週はあまり動きのない1週間でしたので、長期足で振り返ってみたいと思います。

まずは週足でみてみます。

紫のラインは、週足で何度か止められている強いラインです。

最近では、その週足を一度上に抜けてまたライン下に押し戻されています。

この紫のラインを4H足で見てみるとまたよく反応しているラインだということがわかります。

良く反応している水平線は未来においても壁になる

4Hレベルでも同じラインがよく効いています。

左側のマルのところから上昇していますが、この押し目からの上昇で直近高値を抜けなかった瞬間が、一旦勝敗がついた瞬間でした。

何度か紫ラインに止められつつも、下降をしていきます。

そしてついに、紫ラインを割り込み、再度上昇を見せましたが、右側のマルの部分でしっかりと上値を止められました。

ここがもう一度勝敗がついた場面です。

値はストンと落とされました。タイミング的には中国恒大の問題が出てきたところでもあります。

現在地は下げた先、ブルーのラインが直近の最安値です。

ここでは下に行く力と上に戻りたい力が拮抗し、緩やかに下げているものの長めのレンジになっています。

これが、今週の1週間でした。

月曜日の始値と金曜日の終値はほとんど変わらないぐらいです。

1週間の動きを週足1本で見る

それは週足を拡大してみるとよくわかります。最後の1本のロウソクを見てみてください。

実体が薄いですね。

週のはじめと終わりでほとんど価格が動いていないことを示しているのです。

また、ここで注目したいのが、直近の最安値に引いた青いラインが、短期のMA(青色25MA)にしっかり重なっていること。

よく見るとこの青ラインで止められているロウソク足もいくつかありますので、結構強い壁になるかもしれません。

よく効く水平線は他の根拠と重なることも多い

また、4時間足の上昇にフィボナッチリトレースメントをあててみると、

青ラインの付近が61.8%のラインなんですよね。

フィボナッチリトレースメントの61.8%というのは押し目(戻り目)としてとてもよく効く値でもあります。

ここでしっかりと力を溜めて、来週はもう一段階下げてくるか、それとも再び紫ラインを試しにいく上昇がはじまるか。

そんな局面だからこそ、今週はほとんど動きがなかったということでしょう。

ここで重要なのは水平線にきたから「買い」抜けたから「売り」ではないということ。

そういう局面だということを認識をして注意深く待つ。

大切な資産、慎重に運用するのが大事なのです。

 



-FX(外国為替証拠金取引)

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2021 All Rights Reserved.