キャッシュレス

【キャッシュレス】ファミリーマート限定還元!LINE Payデビューしよう

更新日:

2019年2月12日~21日までファミリーマートでLINE Pay決済をすると20%還元されるキャンペーンが実施されます!

LINEは使っているけれど、LINE Payは使ったことがないという人も多いのではないでしょうか?

2019年はキャッシュレス元年。

キャッシュレス決済で5%ポイント還元という消費税10%引き上げは矛盾だらけ!にも書いた通り、2019年の10月から消費税10%への引き上げに伴い、中小店舗での商品購入時に、クレジットカード・スマートフォンのQRコード・電子マネーなどのキャッシュレス決済をした場合に、消費者に対して購入額の5%分をポイントで還元し、その分を政府が補助するという仕組みも導入されます。

キャッシュレス決済に限りポイント還元を行うという本来の政府の目的はキャッシュレス化促進であることは間違いないでしょう。

一言にキャッシュレスと言っても様々なキャッシュレスサービスがあります。

キャッシュレス決済のひとつであるLINE Payが今回キャンペーンを実施。

ファミリーマート限定のキャンペーンではありますが、還元率が高いのでご紹介します。

ファミリーマート限定 20%還元キャンペーン

概要 期間中、対象店舗にてLINE Payの「コード支払い」で支払うと、後日利用金額の20%を還元。
期間 2019年2月12日~2019年2月21日
対象店舗 全国のファミリーマート16,700店舗
対象者 ファミリーマートでLINE Payの「コード支払い」で支払った方全員
還元方法 LINE Payの残高に還元
還元時期 2019年3月下旬頃

ファミリーマートで「コード支払い」で支払った人全員というのは太っ腹なキャンペーンですね。

PayPayにしても、LINE Payにしてもどうしてこんなにも経費をかけてキャンペーンを実施するのでしょうか。

当然キャッシュレスサービスを提供する企業(LINE Payの場合はLINE)にメリットがあるからです。

まずは、キャッシュレス化促進に向けてLINE Payを利用するユーザーを増やすことが目的です。

LINE Payを利用するユーザーが増えれば、当然集客を考えてLINE Payを導入するお店が増えます。

LINE Pay決済が利用できる店舗でユーザーがLINE Payを利用すれば、手数料が企業(LINE)側に入るので、まずはユーザーを増やすことがとても大事なのです。

店舗がいくら導入してくれても、ユーザーがいなければ手数料収入は入りませんからね。

LINE Pay コード支払いとは?

まずはLINEで、ウォレットを開きましょう。

開き方はiPhoneの場合は右下、Androidの場合は右上あたりに「ウォレット」というアイコンがありますので、クリックします。

すでにLINE Payを使っている人は残額などが表示されます。

(出典:LINE公式)

「コード支払い」というバーコードマークをクリックすると、バーコードが表示されます。

店員さんに「LINE Payで支払います」と言って、バーコードを見せましょう。提示したバーコードをスキャンして(読み取って)もらうと決済完了です。

LINE Payのコード支払いとカード支払い 何が違う?

LINE Payにはコード支払いとカード支払いがあります。

ちょっとややこしいですよね。

整理してお伝えします。

コード支払い

先に表示の仕方を書きましたが、スマートフォンで、バーコードを表示させて決済するのがコード支払いです。

LINE Payコード決済に対応している店舗で利用ができます

カード支払い

アプリ上でプラスチックカードを申し込むと、郵送で送られてきます。

今はこのブラックカードデザインは無いみたいですが、カードデザインは数種類の中から選ぶことができます。

カードが届いたら、アプリで利用開始手続きをして使えるようになります。

プリペイドカードとして、JCB加盟店で利用できます。(※一部利用できない場合もあります)

コード支払いとカード支払いの違いは「利用できる場所」

コード支払いは、LINE Payコード支払いを導入している店舗でのみ使用ができます。

カード払いは、JCB 加盟店で使用ができます。

 

利用できる場所以外は基本的に同じですが、2019年7月まではコード支払いの場合ポイントの還元率が3%UPしますので、どちらも使える店舗であればコード支払いを使用する方が断然お得です。

ファミリーマートのキャンペーンで還元される20%は、LINE Payのポイント還元は別物?

別物です。

誤解をされやすいポイントなのですが、ファミリーマートでキャンペーン期間中にLINE Pay支払いをして還元されるのは、なんとポイントではなく、LINE Payの残高です!

現金還元のような仕組みですね。

そして還元時期も3月下旬頃にLINE Pay残高に反映されます。

その上、LINE Pay支払いをしたものについては通常通りLINEポイントもついてきます。

LINE Payのポイント還元率は?

LINE Payを利用した場合のポイント還元率は、0.5%~2%。還元率は「マイカラー」によって変わります。

「マイカラー」とは会員ランクのようなものです。

1か月にどれぐらい利用したかで、翌月のマイカラーが決まります。

私は現在ホワイト。0.5%還元です。

画面上部の方に今月の決算額が出ていますが、1か月の決算が10000円を超えると、翌月はレッドになり0.8%還元になります。

プリペイドカードで利用してポイントが貯まるタイプのものはなかなか無いので、還元率は0.5%でもありがたいですね。

2019年7月末まではコード決済なら更に還元率UP!

2018年8月1日から2019年7月31日までの間は、バーコード決済を利用するとポイントが通常に3%追加で還元されます

つまり還元率が3.5%~5%!

出典:LINE公式

ホワイトの私でもなんと3.5%還元。

LINE Payコード決済ができるお店であれば、現金で購入するよりLINE Payコード決済でお買い物をする方が断然お得ですね。7月末までは現金決済よりLINE Pay決済を選びたいと思います。

貯まったLINEポイントの使い方は?

貯まったLINEポイントは、nanacoやpontaといった電子マネーに交換したり、Amazonギフト券やJALマイルに換えることもできれば、ローソンのからあげくんや、ファミリーマートのコーヒーといった商品に交換ができるクーポンに換えることもできます。

その中でLINE ポイントの交換のオススメは「LINE Pay」に交換です!

他のポイントやマイルに交換すると多少目減りするのですが、LINE Payに交換であれば1P=1円で交換ができます。

 

LINE Pay 初めての銀行チャージで500円相当残高プレゼントも実施中

2019年2月は【第二弾】初めての銀行チャージ1,000円以上で、500円相当プレゼント!キャンペーンも実施されています。

まだLINE Payを設定していない方、LINE Payは利用しているけれど、銀行チャージは利用していないという人はこの機会に設定してみてはいかがでしょうか。

(出典:LINE公式)

設定には、銀行口座番号と、キャッシュカードの暗証番号が必要です。

まだLINE Payに登録していない方は次のような画面が出ますので、「LINE Payをはじめる」から設定ができますよ。

 

キャッシュレス決済はいくつか種類がありますが、プリペイドタイプ(LINE Payもプリペイドタイプです)だとお金の管理ができて安心ですね。

キャンペーンを利用して賢くオトクに使いましょう!

 

-キャッシュレス
-

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2019 All Rights Reserved.