ファクタリング優良会社

融資・資金調達

売掛先の企業からすぐに未払い債権を回収し、必要な手元資金を確保するための方法

更新日:

金融機関は貸し手としてビジネスを行っていますが、銀行が独自に審査を行うプロパー融資と、信用保証協会の保証付き融資がメインになっているのが現状です。

そのため、金融機関の貸し出し基準と、中小企業の借り入れに関する要望との間に大きな溝が出来てしまっています。

まず、中小企業の資金調達に関する課題として、金融機関の「貸し出し」判断基準と中小企業が考慮して欲しい項目の違いを明確にしていくことが大切です。

規模の小さな中小企業に対する事業性を評価した貸し出しの必要性

企業規模の小さな中小企業では、事業性を評価した担保・保証によらない借り入れを希望しています。

金融機関が資金提供に対する判断力向上を目指した取り組みを行った場合、好ましい成果が出ています。

そのため、今後は積極的に事業性の評価を行い、事業性が認められる企業に対しては、担保・保証によらない貸出を実行していく必要があります。

また、「営業力、既存顧客との関係」など中小企業の知的資産という定性的価値(数値化できない価値)に踏み込んだ評価を高める必要があります。

中小企業庁の委託調査では、経営状況が回復したにもかかわらず、返済条件見直しを迫られている中小企業が存在している実例も確認されています。

金融機関は、事業性の評価と状況に応じた臨機応変な条件の見直しを行う姿勢が求められます。

中小企業への事業性評価は、金融機関の適切な知見と労力が必要であるため、小規模の金融機関だけで全てを対応しようとすると負担も大きくなりがちです。

これを補完するためにも、外部専門家を活用することは有効な手段です。

しかし、中小企業庁の委託調査によると、外部専門家と金融機関の連携体制が整わないために、上手く対応できていないことが判明しています。

外部専門化の知識やノウハウを活用するための融資スキームの確立こそが問題解決につながると考えています。

経済産業省や中小企業庁はファクタリングによる資金調達法を推奨している

その一方、中小企業にとって、今最も注目を集めているのがファクタリングと呼ばれる資金調達の方法です。

日本では、ファクタリングはまだあまり普及していませんが、経済産業省や中小企業庁など日本政府がファクタリングを公認しており、推奨している正当な手段の一つとなっています。

その背景としては、

公的融資や銀行融資だけが選択肢ではなく、企業が利用できる資金調達法は多様化してきている

という傾向が高まっていることが挙げられます。

ファクタリングとは、企業が持つ売掛債権を売却し、早期に現金化するサービスを意味します。

経済産業省中小企業庁は、売掛金を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要であるという見解を打ち出しています。

具体的には、「中小企業における資金調達の課題~売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて」

や、「売掛債権の利用促進について」というレポートの中で発表しています。

ファクタリングが誕生した背景 入金と支出の間にはタイムラグがあるため

ファクタリングはイギリスで誕生し、アメリカで広く利用されたことで世界的に認知されるようになりました。

売上の入金には時間がかかりますが、逆に支出による出金は支払い対応をすぐに迫られる場合が多いです。

そのため、売上による利益を上げていても、入金日が後になるため、他の支出が先にきてしまい、資金繰りに困るケースが珍しくありません。これこそが、黒字倒産が発生する理由です。

こうした黒字倒産を防ぐため、ファクタリングによって代金を立替え、入金と出金のタイムラグをなくすためにファクタリングは誕生しました。

日本で浸透するのが遅かったのですが、最近は意欲的に利用するベンチャー企業も増えてきており、ファクタリングの需要は高まってきています。

今後、日本においてもファクタリングの市場規模は拡大していく

ファクタリングの市場規模を見てみると、まだまだ多く利用されているとは言い切れません。

日本でファクタリングの浸透が遅れた原因の一つとして手形取引の文化があります。

※手形とは、取引における決済手段の1つで、仕入代金などの一定金額を、ある時期にある場所で支払うことを約束した有価証券のこと。約束手形と為替手形の2種類がある。

ところが、手形取引による資金回収は縮小し続けており、売掛債権での決済へと移行しつつあります。

現在では、都市銀行・地方銀行の関連企業や東証一部に上場している企業などがファクタリング市場に参入しています。

このように、

1.手形取引による売買が減少している

2.銀行からの融資が受けにくくなっている

3.中小企業の増加に比例して売掛債権の決済が拡大

という流れによって、ファクタリングが注目を浴びるようになりました。

中小企業の経営者にとって、多様な資金調達方法の種類や実態を客観的に把握しておくことは、極めて重要なことです。

今後、ファクタリングの仕組みを理解しておく必要性は、さらに高まってくことでしょう。

ファクタリングの取引方式 「ファクタリング」と「でんさい」の違い

ファクタリングの取引方式には、大きく分けて2種類が存在します。

それは、

1.売掛債権の買取業務である「ファクタリング」

2.電子登録債権である「でんさい」

です。

この2つの間には、保証の有無取引方式の違いという明確な違いがあります。

通常の「ファクタリング」と「でんさい」とでは取引方式が異なる

ファクタリングは、利用するファクタリング会社を選択し、その会社に債権を買い取ってもらうことで、資金を受け取ることが出来る仕組みです。

ファクタリングで債権を譲渡した場合、譲渡した時点で、売掛金に関する責任を負う必要はありません。

もし、譲渡した債権の支払いが行われなかったとしても、「譲渡した側(=中小企業)は売掛金を支払わなくても良い」というルールになっています。

基本的には、債権を譲渡する企業とファクタリング会社の2社間で取引が行われます。

ただし、3社間取引のケースでは、支払い会社が含まれる場合もあります。

「でんさい」には債権の保証が存在する

でんさいは、「でんさいネット」というシステムを通じて、債権の譲渡を行います。

「でんさいネット」とは、「株式会社全銀電子債権ネットワーク」のことで、全国の金融機関が登録しています。

「でんさいネット」には、電子化された債権が登録されており、その中で債権の取引が行えるシステムです。

上記のファクタリングとは違い、企業と金融機関の間に「でんさいネット」が介入する取引方式となります。

これまでに取引をしたことがない金融機関であっても、新たに契約をする必要がないという点では便利です。ただし、「でんさいネット」に登録された債権しか、取引対象にはなりません。

また、でんさいには、債権の保証が存在します。

でんさいによって譲渡した債権が、もし支払われなかった場合、譲渡した側(=中小企業)が売掛金を支払わなければいけません。

でんさいを通じて債権を譲渡した時点で、「支払い企業の保証人になる」というルールがあるからです。

そのため、もし支払い企業が売掛金を支払えなかった場合、多額の返済を迫られる場合もあり、大きなリスクが内包されています。

日本政府がファクタリングを推奨している理由

国内の景気は緩やかに拡大しているという日銀短観などの発表がありますが、全ての企業がそういう良い環境にある訳ではありません。

特に、中小企業の資金繰りは大手企業に比べて苦しいことが多く、企業の運営を借入金に頼っているケースが多く見られます。

資金の借り入れには不動産担保などを要求されることが多い一方で、日本における不動産の資産価値は低下する傾向にあります。

不動産担保を持っていない企業は十分な資金の借り入れができず、さらに資金繰りが厳しくなるという悪循環を、日本政府も問題視しているのが現状なのです。

こうした資金繰りの難しさを打開する方法として、ファクタリングを政府が推奨し始めています。

経済産業省中小企業庁が発表した「中小企業における資金調達の課題~売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて」のレポートの中でも、

売掛金をはじめとする不動産に依存しない担保の買取・評価システムを確立し、中小企業の資金調達手法を多様化していく必要がある。

と述べられています。

ファクタリングは安全な資金調達法ですが、その利用にまだまだ慎重な中小企業も多いです。

その理由としては、

売掛債権を売却しなければ資金調達ができない=経営の苦しい企業と解釈される

という否定的なイメージを持っているからです。

売掛債権とは、商品の納品やサービスの提供が既に完了していて、請求済みであるものの代金支払いだけがまだ実行されていない債権のことです。

ファクタリングでは、その売掛債権を第三者である専門会社が買い取るという仕組みを採用しています。

BtoBの企業間ビジネスでは資金取引ではなく、売掛(売上代金の帳簿上の未収金額)によって売買が成立します。

そのため、

相手企業が取引先に代金を支払う日までの期間の長さによって、資金化できるまでにはタイムラグが発生する

ことになります。

このタイムラグを支払いサイトと呼び、取引の度に代金を支払う方式でない場合には、いつ代金を支払うかを取り決める必要があります。

支払いサイトは、取引する企業同士が取り決めた支払日までの猶予期間です。

一定期間における会社経営にとって、

支払いサイトで発生するタイムラグが、会社の資金の流れ(=キャッシュフロー)、または現金確保にとってマイナス要因となる

場合が生じます。

いくら相手先に安全確実な債権を持っていたとしても、支払日までの猶予期間があるために必要な資金が必要な時期に手に入らなかければ、キャッシュ不足になる危険性があるのです。

それを解決できる方法の一つが、ファクタリングと呼ばれるものです。

ファクタリングによる資金調達を検討すべき中小企業(あるいは人)の条件

中小企業にとって、資金の融通や現金確保は、現実的に悩ましい問題です。

たとえ、事業が上手く行っており、決算の数字上は黒字であっても、未収債権があるために資金繰りに苦労するという事態は珍しいことではありません。

1.銀行などの金融機関に融資を断られた経験がある

2.売掛け相手の支払い日までの猶予期間が長い

3.メインバンクや取引先に知られないように資金を引きたい

上記のような理由で、資金繰りや財務状況に懸念が生じている場合は、ファクタリングを検討するのはとても好ましい選択肢です。

ファクタリングは、未回収の債権(売掛金)を利用する訳ですから、たとえ担保がなくても資金を確保することが可能です。

もし、自社の信用情報に欠陥があったり、多重債務を抱えていたとしても、売掛金を売却することで現金を手にすることは可能です。

金融機関からの融資・ビジネスローンとファクタリングの違い

金融機関からの融資やビジネスローンには次のような特徴があります。

1.金融機関やビジネスローンの審査では、借入れを行う会社が審査対象となる

2.帝国データバンクなどの信用登録機関に、借り入れに関する会社の審査記録が残る

3.金融機関で一度、焦げ付きを発生させると、次に融資してくれなくなる可能性が高い

これに対して、

ファクタリングの審査は、「売掛先の企業」(=支払い義務のある取引先)の信用度を重視する

という大きな特徴の違いがあります。

ファクタリングでは「売り掛け先の企業」の信用度こそがメインの審査対象となるため、自分の会社の資金繰りや財務状況に影響されずに、現金を手に入れることが出来る大きなメリットがあります。

しかも、ファクタリングは融資ではないので、「借り入れ」に該当しません。

登記簿や会社の決算書など必要な書類を送ることで、迅速に審査、対応してもらえます。

最短では即日で入金してもらえる場合もあります。

ファクタリングを通じて売掛債権を資金化するまでの一連の流れ

1.商品の納品やサービス提供が完了(=売掛金発生)

2.売掛先企業とのファクタリング契約及び承諾

3.ファクタリング会社とのファクタリング契約及び承諾

4.売掛先企業との請求金額の確認

5.ファクタリング会社への請求金額の通知

6.ファクタリング会社と売掛先企業との請求金額の最終確認

7.ファクタリング会社から売掛金相当額の支払いを受ける

8.売掛先企業からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

こうした仕組みによって、売掛先企業からの資金回収までのタイムラグを解消することが可能となります。

お勧めできるファクタリング会社 厳選5社

株式会社トップ・マネジメント 入金待ちの請求書を、即現金化!PAY BRIDGE
株式会社セレス 資金調達プロ
株式会社三共サービス 売掛金を早期現金化!
株式会社ビートレーディング つなぎ資金の御相談はこちら
日本中小企業金融サポート 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

現時点で、評価の高いお勧めファクタリング会社をピックアップしてみました。

資金調達をお考えの経営者の方は、ぜひご検討ください。

-融資・資金調達

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2019 All Rights Reserved.