「コラム」 一覧

コラム

中国トップ女優・范冰冰(ファン・ビンビン)の金銭スキャンダルは、米中関係の悪化を反映している!?

2018/11/2  

中国トップ女優の范冰冰(ファン・ビンビン)は、6月2日に自身のブログを更新したのを最後に公の場に姿を見せず、約4カ月間も消息が分からなかったが、中国版ツイッターの「微博(ウェイボ)」を通じて謝罪するコ ...

コラム

京都大の本庶佑特別教授が10月1日、ノーベル生理学・医学賞を受賞

2018/11/2  

京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授が10月1日、ノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まりました。 それは、1992年に「PDー1」という免疫のブレーキ役を果たす免疫チェックポイント受容体を発 ...

コラム

ふるさと納税のメリットと返礼品に対する自治体と総務省の攻防

2018/10/2  

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。 手続きをすると、所得税や住民税の還付あるいは控除が受けられます。 ふるさと納税をすることで地域の名産品などお礼の品がもらえる ...

コラム

台風や地震などで急減した国内旅行やインバウンド需要を回復させるために!

2018/9/30  

訪日外国人の観光客に関して、大阪は訪問率、訪問数共に、東京、千葉に次ぐ3位で、宿泊者数では、東京に次いで2位となっています。 千葉県は、成田空港利用が訪問率の高さに寄与しているため、実質的なインバウン ...

コラム

トランプ政権、試練の中間選挙を無事に乗り切れるか!?

2018/11/3  

アメリカの主要メディアによると、ローゼンスタイン司法副長官が昨年5月頃に、合衆国憲法修正25条に基づいて、トランプ大統領を解任するため閣僚らの会合を開くことを画策していたという報道がありました。 匿名 ...

コラム

リーマンショックから10年、次の金融危機の震源地はどこか?

今から丁度10年前、大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズは2008年9月15日に米連邦破産法11条の適用を申請し、経営破綻しました。これは、当時のポールソン米財務長官がリーマンに対して「税金の投入が ...

コラム

日本銀行、「長期金利0.2%までの容認」がどんな意味を持つのか!?

2018/8/15  

7月31日の日銀の金融政策決定会合において、「長期金利0.2%までの容認」を発表しました。 その10日前、7月20日までは、長期金利が0.03%だったのですが、0.12%に上昇すると、表面的には0.0 ...

コラム

トルコ通貨リラの急落が止まらない!

2018/8/13  

トルコの通貨リラは2015年から対円・対ドルで下落を続けています。2018年8月13日時点で、一時的に1ドル=7.23リラを付け、先週末に比べて約10%安を記録しました。これでトルコ・リラは対円・対ド ...

コラム

アメリカのトランプ大統領による貿易戦争が激化!!

2018/8/9  

ある国の輸入額が輸出額より多い状態のことを「貿易赤字」と定義します。貿易赤字は「借金」ではないので、返済の必要がありません。 輸入額が輸出額よりも大きいのは、その国の通貨が強く、消費者の購買意欲が旺盛 ...

コラム

日銀の異次元金融緩和に手詰まりの兆候が!~黒田総裁が抱えるインフレ目標未達成の苦悩~

2018/8/4  

2018年6月14日~15日に開かれた日銀のの金融政策決定会合の議事要旨によると、その時点で既に大規模な金融緩和を続けることに伴って生じる副作用を指摘する声が多く出ていたことが分かりました。 その副作 ...

Copyright© ファイナンシャルプランナーが教える円満生活 , 2018 All Rights Reserved.